婚約指輪とは?初心者が知っておくべき基本知識や選び方のコツを詳しく解説

当サイトは婚約指輪とはどのような指輪なのか、初心者が知っておくべき基本知識や選び方のコツを詳しく解説しています。
エンゲージリングの選び方で大切なポイントも紹介しているので、どのようにして選んだら良いか分からない場合にはぜひ参考にしてみてください。
エンゲージリングにおけるデザイン選びのポイントも解説しているサイトです。
様々なデザインのものがあり、目移りしがちですが自分に合う指輪を見つけるのに役立つはずです。

婚約指輪とは?初心者が知っておくべき基本知識や選び方のコツを詳しく解説

大切な人との婚約のために必要となる婚約指輪とは一体どのようなものなのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は婚約の記念品として男性から女性に贈られる指輪のことです。
女性から男性には記念品として時計が選ばれることが多いですが、指輪ほど一般的ではありません。
初心者が知っておきたい選び方の基本のポイントには素材やデザイン、それからダイヤモンドの品質やサイズが挙げられます。
自分たちに合うものを選ぶことが大切です。

婚約指輪とは結婚の約束を形にしたかけがえのないアイテム

婚約指輪ほど、愛を形にしたアイテムは他にないといえるでしょう。
婚約指輪はプラチナ台にダイヤモンドが施され、七色のまばゆい偏光色を発します。
プロポーズの際には男性が膝をつき、このダイヤモンドの婚約指を差し出し求婚します。
このまばゆい光に女性は見弄されてしまい、思わず求婚を受け入れてしまうわけです。
婚約指輪とは、求婚に用いられるだけあって男性の人生をかけたアイテムでもあります。
婚約指輪とは、世界中でおおよそ給料の三か月分が相場とされており、男性の人生をかけた一世一代のものであることもわかってきます。
婚約指輪の台座の裏に、愛の言葉や名前を彫刻しておくと、より女性に気持ちが伝わります。
口下手で愛の表現が下手な人は、こうした彫刻をうまく活用するのも一つです。
そして婚約指輪は女性が一生身に着けるものでもあるので、高品質で耐久性に焼けたものを選ぶようにしましょう。
デザインも普遍的で流行に流されないデザイン選びが大事です。

初心者がおさえておくべき婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

男性にとってプロポーズをし、結婚することは人生において非常に重要なターニングポイントです。
彼女が求婚を受け入れ結婚してくれるか否かで、自分の人生も大きく変わっていくからです。
大好きな彼女に結婚を受け入れてもらうには婚約指輪が必要になります。
プロポーズの際に男性が女性に差し出して、求婚する時に用いられるのが婚約指輪であり別名エンゲージリングと呼ばれるものです。
多くは大きなカラットのダイヤモンドが一つ台座にセッティングされているものであり、0.3カラット前後のものが日本では人気であり良く購入されるものです。
一方結婚指輪は、挙式の時に新郎新婦がチャペルや神前で交換するリングを指します。
こちらはあまりダイヤモンドなどが装飾されることはなく、シンプルなプラチナの一文字のデザインが多くなってます。
夫婦で15万円から30万円前後のものを購入することが多いです。
男性はこうしたリングの違いをよく理解し、費用をねん出する準備をしましょう。

婚約指輪はいつまでに準備すればいい?

婚約指輪はいつまでに準備すれば良いのかと気になる人も多いかもしれませんが、一般的には結納や顔合わせ食事会までには用意しておきたいところです。
プロポーズに成功した後に彼女と一緒に婚約指輪を購入したいという人もいるかもしれませんが、その場合にも結納や顔合わせまでには用意しておくのが望ましいです。
一般的には婚約記念の品として両家にお披露目するのが定番のスタイルです。
準備にかかる時間を2人ですり合わせて共有しておくことが求められます。
購入して受け取るまでには意外にも時間がかかります。
店頭にすべての商品を取り揃えているとも限らないため、取り寄せに日数がかかるなど、タイムラグが生じることも覚えておきましょう。
店頭に購入に行く前には、ウェブや電話等で来店予約をしておくことが望ましいです。
混雑していたとしても優先的に案内されるので、ゆっくりと相談をすることができるでしょう。
様々なブランドにおいて、お得な特典がつくブライダルフェアなどが開催されていることもあるため、これらをチェックしておくことも大切です。

婚約指輪のお返しにおすすめのアイテム

婚約指輪のお返しにおすすめなのが時計です。
時計は時を刻む物であり、一緒に同じ時間を過ごしたいという気持ちを込めることができます。
特に腕時計は手に巻いて使うため、相手への独占欲も表しています。
束縛や独占や長い結婚生活の中ではトラブルの元ですが、婚約指輪をもらうくらいの熱い感情がある時期には深い愛を示すのに効果的です。
相手の好みに合わせたデザインを選びましょう。
好みが分からない時は、一緒に店に行ってどのようなデザインの腕時計に興味を示すかをチェックすると良いです。
また仕事でスーツを着る機会の多い相手には、ネクタイとネクタイピンのセットも喜ばれます。
人によっては出勤のたびに使うアイテムですが、購入する頻度はあまり多くありません。
仕事グッズでオシャレをする考えを持たない人もいます。
ビジネスシーンで恥ずかしくなくオシャレさも感じさせるデザインを選ぶことで、見た目にも気を配れるビジネスマンになってもらえます。

女性に依然人気のあるブランドの婚約指輪について

男性はこの人と思う女性がいたら結婚まで考えてお付き合いします。
そしてタイミングを見計らいプロポーズ大作戦に乗り出すのです。
プロポーズ大作戦には婚約指輪は欠かせません。
ダイヤモンドの輝きが美しいエンゲージリングであれば、その七色の偏光に魅了されて女性も求婚に対し思わずイエスと言ってしまうでしょう。
だが男性が婚約指輪えらびをするのは難しいことです。
何を選んでいいのかわからずに困惑してしまうのです。
この場合有名ブランドの物を選択すると簡単で無難であるんです。
人気の海外の老舗ジュエリーメゾンの物であると、多くの女性はそのネームバリューだけで喜んでしまいます。
ただしブランド名が付くと、其れだけで価格は市場価格より高くなってしまう傾向にあります。
もし同じ予算でダイヤモンドが大きいものを購入したい場合には、海外の老舗メゾンに拘らず購入することも大事になります。
婚約指輪選びにはダイヤモンドの4C程度は心得ておきたいものです。

婚約指輪を購入する場合に予算を決める上でのポイント

お付き合いしているカップルが結婚する事になり、準備する内容の1つに婚約指輪があります。
男性からプロポーズの際に渡すというケースも多くありますが、実際に購入する際に気になるのが予算です。
昔から言われているのが婚約指輪は、給料の3ヵ月分といわれている事も多いです。
実際に購入されている世代別や金額などから、平均すると20万から40万前後が予算としても多く選ばれている事があります。
ただし婚約中に装着する事が出来る指輪ではありますが、必ず購入しなくてはいけないというわけではないという点もポイントの1つです。
送られる側の女性として欲しいという人もいますが、中には結婚して結婚指輪を付けるまでの数ヵ月しか使用しないのはもったいないと考えるケースもあります。
そのためあえて婚約指輪は購入せず、結婚指輪を豪華にしたり結婚式や新婚旅行などに費用を使用するという事も多いです。
プロポーズや婚約中には必要と思われている指輪ですが、カップルの考え方によって様々な対応方法があるといえます。

男性が女性の婚約指輪をおくる割合について

男子にとってプロポーズとは人生を賭けた大勝負であることに違いありません。
意中の彼女と結婚できるか、求婚を受け入れてくれるか否かでその後の人生は大きく変わっていきます。
絶対に受け入れてもらうにはそれなりの準備が必要になるんです。
まず準備しなければいけないのが、婚約指輪になるでしょう。
高度成長期以降ほとんどの割合の男性が、エンゲージリングを用意してプロポーズをするようになりました。
現代は少し割合が減りつつありますが、多くの男性が婚約指輪を用いて求婚するんです。
高度成長期と資格して費用相場も変化しつつあります。
当時は給与の三か月分と言われましたが、現在は20万円前後が相場になってるんです。
これはデフレや円安、物価の高騰などが大きく影響していると考えられるのです。
なかには婚約指輪をやめて、その費用で新婚旅行に充てるなど思い出作りにお金を使う人も多くなっているんです。
しかしながら女性は婚約指輪に魅了されるものであり、プロポーズにおいて大事なアイテムであるのは間違いありません。

婚約指輪を購入しないカップルの割合と理由

結婚というと婚約指輪を思い浮かべるという方も多いのではないでしょうか。
特に男性側は愛の証として婚約指輪を贈る方は多いと思います。
購入しないという選択をするカップルおり、全体の3割で、あとで後悔しているという人もいます。
購入しないカップルの理由として、一番多いのがもったいないからです。
結婚する際は、結婚式や新居探しなどお金のかかることが多いので、それを考慮してもいらないという方は多いようです。
また、結婚後はどちらかというと結婚指輪をはめるため、身につける機会がないという理由もあげられました。
この他では、結婚式の儀式である結納をしないからというのもあげられます。
指輪の代わりのものを贈るパターンもあり、中でも人気なのが、ピアスやイヤリング、ネックレス等が多いようです。
腕時計や生活に必要な家具、結婚指輪を少し豪華にダイヤ付きのものにするという場合もあります。
それぞれの愛の形があるので話し合ってみてもいいかもしれません。

婚約指輪を購入するならどこのショップが良い?

結婚する事を決意し、プロポーズをするときには婚約指輪を渡すというのが定番の流れです。
最近では高額なものということもありますし、新婦は自分の好きな物を選びたいという事で新郎はイミテーションを送り、一緒に選ぶというスタイルにしている方も増えています。
その方が合理的ではありますが、サプライズを期待している女性も一定数いますし、迷ってしまう部分もあるかもしれません。
婚約指輪はどこのショップを選ぶかというと、かなり選択肢は広がります。
老舗と言われているような日本のブランドもあれば、セレブ御用達の高級ブランドの婚約指輪というのも憧れを持つ女性は多いです。
ブランドネームが高い所ですと、価格帯も全体的にあがりますので予算によってはカラット数は小さくなってしまうことも有ります。
バランスが重要ですし、何を重視したいかでお店選びをしていくと良いです。
高品質でありながら価格帯がそこまで高くないというブランドも有ります。