婚約指輪におけるデザイン選びのポイント

婚約指輪におけるデザイン選びのポイント

婚約指は男性が命を懸けて購入するアイテムです。それは人生をかけて意中の女性にプロポーズし、求婚する大事なアイテムだからです。ジュエリーボックスを開けた時に眩い七色の偏光色が見え、女性を魅了しなければ求婚を受け入れてはもらえません。そのため予算をしっかり決め、その範囲の中で最高品質のダイヤモンドや台座素材を選んでいく必要があります。婚約指輪を選ぶポイントはダイヤモンドの4Cの基準をきちんと頭に叩き込み、そのうえでダイヤモンドソムリエなどのアドバイスをしっかりと聞き購入することも大事なんです。さらにデザイン性に拘って選ぶことも非常に重要です。デザインを選ぶ際のポイントは、飽きが来なく流行に流されない普遍的なシンプルなデザインを選ぶことがお勧めです。結婚すると婚約指輪は死ぬまで身に着けることになります。トレンドをおいすぎたデザインであると、高齢になってから身に着けることが出来なくなり、飽きが来てしまうからです。

婚約指輪選びは身につけやすいデザインを選ぶべし

男性にとって婚約指輪選びは人生をかけたものと言っても過言ではありません。女性にだ婚約指輪を差し出し、そして求婚を受け入れてもらわなければいけないからです。それゆえ、エンゲージリング選びは妥協が許されません。彼女の指の号数を把握することをはじめ、好みのデザインやファッションの傾向を把握したうえで選ぶことも大事なんです。さらに、結婚すると彼女が毎日身に着けるものなので、毎日身につけやすいデザインを選ぶことも重要です。日常生活では仕事に出かけたり、家事や育児をしなければなりません。結婚式などに参列するなどTPOも考える必要があるんです。そのシーンでも、そんな状況やファッションでも違和感なくコーディネートするには、普遍的でシンプルであり、飽きの来ないデザインを選ぶことが大切です。それにはシンプルな一文字にダイヤが一粒デザインされた時代に流されないものが良いでしょう。ダイヤモンドが台座に埋め込み式のデザインであれば、家事の際に引っかかりません。